このサイトでは、ご家庭のダクト清掃をセルフで実施する場合の方法、その際のコツや使用する道具等をご紹介しています。
実は自分でやってみたかったけどどうすればいいかわからなかったという人、まずは一度試してみませんか?自分でやる場合の費用はどれくらいかかるのかとか、ちょっと大変だけどやっぱりやってよかったと思える清掃効果、といったこともお伝えします。
無手勝流で始める前にぜひご覧ください。
きっと役に立ちますよ。

ダクト清掃をセルフで行うときに便利な道具

ダクト清掃をセルフで行うときに便利な道具 そもそもダクトって何?という方もいらっしゃるかと思います。
汚い空気を外へ排出したり新鮮な空気を取り込んだりするファンと一体になった空気の通り道をダクトといいます。
工場や飲食店にむき出しになったものが多く見られますが、一般家庭でも普段はみえませんが、台所やトイレ・洗面所、お風呂等に換気扇とともに設置されています。
ダクト清掃をセルフで実施する際に必要な道具は、大きくいって3つです。
まずは自分を守るマスク、そして汚れを落とすための中性洗剤、この洗剤を浸してダクト清掃する雑巾やガーゼ、これだけです。
ただ、ダクトは手が届きにくいので、雑巾やガーゼは割りばしや菜箸等に巻き付けて使用した方がよいですし、脚立もできれば用意しましょう。

ダクト清掃をセルフで行う際に便利で役立つアイテムについて

ダクト清掃をセルフで行う際に便利で役立つアイテムについて 自分の店などのダクト清掃をプロの業者に任せるとなると、それなりの費用が発生してしまいます。
業者の中には稀に破格の安い価格で作業を請け負うことをうりにしているところもありますが、そういった業者の場合、適当な作業で完了されてしまうことも少なくありませんから、費用削減を狙うならば安心と確実性のためにもセルフで行いたいものです。
そんな時にとても役立つのが、業者向けに販売されているダクト清掃のためのアイテム各種で、これらを用いることで素人でも比較的簡単にダクト内部を綺麗に清掃することができます。
初期費用として道具購入の資金は必要となりますが、一度それらを購入してしまえば、半永久的に自身でいつでも気軽にダクト清掃をすることができますから、将来的に見てかなりの経費削減が可能となるのは想像に難しくないはずです。
業者向けのダクト清掃アイテムについての情報はインターネットで検索すればすぐに見つけることができます。
日本国内には販売業者がいくつかありますから、自分の希望要望にピッタリ合うものを選んで購入できるのも嬉しいポイントです。
購入を決める前にはインターネットでそれぞれのアイテムによせられた口コミや評価などを読んでおくと、失敗がありません。

建物の汚染トラブルでダクト清掃はセルフ対応より実績ある専門家

オフィスビルやマンション、店舗や公共施設に工場といった建物の空気の通り道である空調ダクトには外部だけでなく室内にも汚染物質の発生源が存在します。
書類や衣類などから繊維質粉塵が発生したり化粧品の粉や人毛から浮遊物が出てきたり、OA機器からはオゾンの発生など が考えられます。
そこでダクトの汚れをセルフ清掃しようとする場合、同じ建物内でもダクトの場所や種類によって汚れ方はさまざまでダクトを種類ごとに、それぞれの汚れの特徴とポイントを抑える必要があります。
まず外の空気を室内に取り込むためのダクト清掃は砂ぼこりや排気ガスの成分が多く、雨や湿気の影響で錆が発生することもありしっかりとしたメンテナンスが必要です。
また取り込んだ空気を室内へ送るため給気ダクト清掃は、空調設備を使っていると粉塵や微生物などで汚れていくので清掃することで、室内にきれいな空気を送ることができます。
それから室内の空気を空調機に戻すためのダクト清掃は綿ぼこりが多く、汚れが多くなると火災時に延焼の危険性が高ま るのでこまめなメンテナンスが必要になります。
空気を建物の外に排出するためのダクト清掃は、トイレなどの排気ダクトはサイズが小さく粉塵で詰まってしまい排気がトラブルが発生します。
そのためダクトの清掃は、実績ある専門家に任せることのがベストです。

ダクト清掃はセルフで行うと怪我の原因になる

ダクトは出来るだけ清潔な状態にしておくべきものですが、セルフでダクト清掃をすると怪我をする可能性があります。なので、必ず専門業者へ依頼してダクト清掃をしてもらいましょう。
簡単に思える掃除ですが、細かな部分で「やってはいけないこと」などもあるため、それをきちんと理解しているプロへ依頼することがおすすめです。セルフで出来るのは表面上の軽い掃除だけで、深い部分の清掃はプロの道具も必要になります。
怪我をしてしまう部分は、ダクト清掃のなかでも重要な場所だといいます。なので、清掃は自分で行うのではなくプロの方が安全です。
はじめて専門業者へ依頼するときには、ひとつのところだけで決めずにいくつかを比較して信頼出来そうなところへお願いすると良いでしょう。ダクト清掃は清潔感を保つためのものだけではなく、安全に使用するために必要なことです。定期的に行う必要があるため、安心して任せられるプロを選ぶ必要があります。

ダクト清掃はセルフでやると後始末が大変なことになる

ダクト清掃は、自分で行わずにプロに依頼することをおすすめします。セルフ清掃は後始末が大変ですし、下手をすれば怪我の原因になるので自分では行わずに専門知識を持つ業者へ連絡するべきです。
いろいろな清掃業者がいますが、しっかりと清掃をしてくれるプロは後始末もきちんとしてくれます。いい加減なことをせずに、きれいな状態で終わるので「任せて良かった」と感じることが出来るのです。
ダクト清掃を行うためには、必要な道具などもプロは用いて行うので本当にきれいになります。わかりにくい場所も、いろいろなものを用意して清潔な状態へしてくれるので、セルフでするよりもずっと綺麗な状態を保つことが可能です。
ダクト清掃をしているときには、あまり周囲にはいない方がいいでしょう。色々な清掃をしてきたプロが行うといっても、やはりダクト清掃では汚れが出てくるので周囲にいると汚れが飛んできます。自分でやるよりもすっきりとすっきりと清潔な状態になれば、安心です。

セルフのダクト清掃に限界を感じたら専門業者に依頼

ダクト清掃はセルフで行うことも不可能ではありませんが、やはり限界があります。専門業者との決定的な違いはノウハウや経験に加えて、一般では入手が不可能な専門の機器があります。
専用の高圧洗浄機はジェット水流で汚れを一気に落とすことができますが、それを使いこなすには安心安全のために一定の訓練が必要です。
そこで発生したダストも専用機器で吸引して全て回収し、他の部位に再付着しないように細心の注意を払います。洗剤など水分を伴う場合はあらかじめ養生をして零さないようにして、床を汚すことはあってはなりません。
ダクトにもしも傷を付けてしまえばその溝に汚れが入り込みやすくなるため、丁寧に取り扱うことも大切です。全くの経験の無い方がこれらの作業を完璧に行うのは難しく、もしも破損させてしまえば修理の手間とコストも発生してしまいかねません。そのため、セルフのダクト清掃に限界を感じたら、迷わず専門業者に依頼するのがおすすめです。

換気や給気のダクト清掃はセルフでやる時代

換気や給気といえば換気扇だったり給気口ですが、施設によってはダクトも重要な設備で、定期的な清掃が欠かせないのではないでしょうか。
一般的にはプロの業者に依頼して任せるダクト清掃ですが、時代はセルフ、つまり自分でやるものにシフトしつつあります。
理由はいくつか存在しますが、1つは清掃業界の人手不足が進行していること、急なトラブルに対応してもらえるとは限らないことから、自分でダクト清掃を使用とする人が少なくないなどです。
いずれにしても、ダクト清掃は定期的に行わないと汚れが溜まる一方で風通しが悪くなりますし、換気扇にも負担が掛かってしまいます。
汚れが溜まってから一度に済ませれば確かに手間もコストも抑えられますが、突然トラブルが発生することになり得るのでリスクが高いです。
逆に、こまめなお手入れはトラブルを未然に避けることになりますし、結果としてコストが抑えられるので、手間は掛かりますがセルフに挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。

セルフでダクト清掃を行う正しい方法や手順

ダクト清掃は、換気扇などの機能を正常にするために欠かせません。
基本的に業者に依頼して清掃する人も多いと思いますが、セルフで行う際の正しい方法や手順としては、まずカバーやプロペラ部分などを解体しなければならないので、「十分な作業スペースを確保」しましょう。
その際に洗剤や汚れが付近に飛び散る恐れがあるので、精密機械などがある場合は移動させたり、新聞紙などのカバーをかけるなどの対策が必要です。
ダクト清掃する準備が整ったら、「洗浄液」を作ります。約1リットルのお湯に重曹を大さじ3杯加えることで洗浄液になります。
次に換気扇の電源を落とし、ネジを外しながら分解作業を進めます。
分解したらプロペラなどの各パーツを大きめのバケツまたはゴミ袋に入れて、洗浄液を入れて1時間ほど漬けて汚れを浮かせます。
その間に換気扇の土台やカバー部分を「中性洗剤」を水で薄めたもので洗いながら歯ブラシなどで、擦ることで油汚れが綺麗になります。
洗浄液に漬けたパーツも同様に清掃して油汚れを落とし、仕上げにお湯で洗い上げ乾燥後に組み立てることで、セルフで行うダクト清掃の手順になります。

ダクト清掃をセルフでやる場合、効果的な手段について解説!

ダクト清掃をセルフで行う場合、以下の手順を参考にすると効果的です。
必要な道具を準備する: ダクト清掃ブラシ、掃除機クリーナーなどの基本的な清掃道具。
およびマスク、ゴム手袋などの体に汚れつかないように適切な保護具を用意します。
ダクトのアクセスポイントを特定する: ダクトシステムには、フタやパネルで覆われたアクセスポイントがあります。
これらのアクセスポイントを特定し、必要に応じて取り外します。
ブラシでダクトを清掃する: ブラシを使って、ダクト内部を丁寧に清掃します。
ダクトの表面にたまったほこりや汚れを取り除くために、ブラシを回転させながら進めます。
長い延長ホースを使用して、ダクトの奥深くまでブラシを届かせることができます。
掃除機クリーナーでほこりを吸い取る: ブラシでダクトを清掃した後は、真空クリーナーを使用してほこりや汚れを吸い取ります。
延長ホースをダクトに差し込み、真空クリーナーを作動させて、ダクト内部の汚れを効果的に除去します。
アクセスポイントを元に戻す: 清掃が終わったら、取り外したアクセスポイントを正しく元に戻します。
密閉性が確保されていることを確認し、ダクトからの漏れを防ぎます。
ただし、上記手順で効果的な手段を駆使するよりも、専門業者に依頼することが最適解としておすすめです。

セルフで行う場合のダクト清掃の安全性について

セルフでのダクト清掃を行う場合、安全性にはいくつかの重要な点があります。
ダクト清掃には高所作業や狭い空間へのアクセスが必要な場合があります。
作業環境を確保するためには、適切な装備を使用することが重要です。
例えば作業用のハーネス、滑り止めの靴、ヘルメット、手袋などを着用することで作業中の転倒やけがを防ぐことができます。
ダクト内には埃や微粒子、カビ、有害物質などが蓄積している可能性があります。
これらの物質を取り扱う際には、マスクやゴーグル、防護服などを着用して自身の安全を確保する必要があります。
特に有害物質の可能性がある場合には、専門家に相談し、適切な対策を講じることが重要です。
ダクト内は暗く見通しが悪い場合があります。
懐中電灯や照明器具を使用して十分な照明を確保し、作業中の視界を確保することが重要です。
さらに作業中にダクト内で閉じ込められたり途中で行き詰まったりしないように、予め作業計画を立て、作業エリアを確保することも重要です。

ダクト清掃をセルフで行うときの注意点について

工場内には多くのダクトが通っており、それは一般家庭でもエアコンや換気扇のダクトが存在するので、実は身近な存在です。
ただ身近であっても普段は気にかけたことがない人も多いですから、気づいたときにはホコリなどが蓄積されて汚れが詰まっていたということはあります。
詰まりがあると正常に稼働をしないこともあるので、定期的なダクト清掃は欠かせません。
ダクト清掃は業者に依頼するだけでなく、実はセルフでも行うことができるのは、それほど複雑なつくりをしていないからです。
もちろんセルフでダクト清掃を行うときは注意をすべき点があり、それはしっかり換気をしながら行うということです。
長い時間にわたって蓄積されたダクトの中には、目に見えないほどの細かい汚れもありますから、それらを吸い込むことは避けたほうが良いでしょう。
そして常に換気をしながら行うことで、室内に汚れたものをたまらせることがなく、安全な環境で作業を行えます。

セルフでダクト清掃した人の成功事例について

セルフでダクト清掃を行い、成功を収めた事例があります。 この方はダクト内の埃や汚れがたまっていたため、通気性や空気の品質が悪化していることに気付きました。
しかし、専門業者に頼む費用やスケジュールの都合から、自らダクト清掃に挑戦することを決めました。
関連する情報や専門家のアドバイスを収集しました。
ダクト清掃に必要な道具や器具、安全装備などを準備し、作業の手順や注意事項を理解しました。
また、特にダクト内の状態や有害物質の可能性についても事前に調査し、適切な対策を講じました。
作業の際には安全に作業するための準備を行いました。
適切な保護具を身に着け、作業エリアを整理し、照明器具を使用してダクト内の視界を確保しました。
作業中に周囲の電源やガス配管などの危険物に留意し、事故やトラブルを防ぐようにしました。
慎重に作業を進めながらダクト内の埃や汚れを効果的に除去しました。
定期的に進捗を確認し、クリーンな状態になるまで徹底的に清掃を行いました。
作業終了後には、ダクトの状態を再度確認し清潔な環境が実現されたことを確認しました。
清掃の成功事例は適切な知識と準備、慎重な作業、安全対策の徹底によって実現されました。彼らは専門家に頼らずに問題を解決し、快適な環境を作り出すことができました。
ただし、セルフでの作業にはリスクが伴うため、自身の能力や状況を適切に評価し、必要な場合は専門家の助言を求めることが重要です。

ダクトに関するお役立ちリンク

ダクト清掃業者を探す

新着情報

◎2023/6/19

情報を更新しました。
>セルフでダクト清掃を行う正しい方法や手順
>ダクト清掃をセルフでやる場合、効果的な手段について解説!
>セルフで行う場合のダクト清掃の安全性について
>ダクト清掃をセルフで行うときの注意点について
>セルフでダクト清掃した人の成功事例について

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>建物の汚染トラブルでダクト清掃はセルフ対応より実績ある専門家
>ダクト清掃はセルフで行うと怪我の原因になる
>ダクト清掃はセルフでやると後始末が大変なことになる
>セルフのダクト清掃に限界を感じたら専門業者に依頼
>換気や給気のダクト清掃はセルフでやる時代

◎2019/10/30

ダクトの清掃は個人でできる?
の情報を更新しました。

◎2019/8/23

業者によるダクト清掃
の情報を更新しました。

◎2019/6/20

掃除に役立つアイテムと使い方
の情報を更新しました。

◎2019/2/7

セルフのダクト清掃でも空調の効率アップ
の情報を更新しました。

◎2018/12/11

セルフで清掃する費用
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

サイト公開しました

「ダクト」
に関連するツイート
Twitter

アーマードコアしててアルバシリーズ見て「ガンダムだ!」って言ってる配信見るたび思うけどガンダムのデザインの定着度ってすごくね? 胸部ブロックの左右にダクトがあって、その間にコックピットハッチみたいな盛り上がりがあるともうガンダムに見える。

ダクトテープはやっぱ接着剤だよな

返信先:焼肉屋ダクトの下程良い匂いないわよね〜!🤣👍😊 あべちゃんお久しぶり😊

返信先:美味しい匂いを嗅がせて 注文増やそう作戦用の 厨房直結ダクト😎

チャプター4で空調ダクト探すとこで画面酔いした……